○甲良町配食サービス事業実施要綱

平成30年4月1日

訓令第7号

甲良町配食サービス事業実施要綱(平成14年訓令第7号)の全部を改正する。

(目的)

第1条 この要綱は、要援護高齢者等に対し、食事を定期的に提供する事業(以下「配食サービス」という。)を実施することにより、当該高齢者の栄養改善及び安否確認を図ることを目的とする。

(事業の内容)

第2条 町長は、前条の目的を達成するため、次条に規定する対象者に対し、配食サービスを実施する。

(利用対象者)

第3条 配食サービスを利用することができる者は、甲良町内に住所を有するおおむね満65歳以上の者のうち、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 老衰、心身の障害、傷病等の理由により調理が困難な者で、十分な食の確保ができず、かつ、安否確認が必要なもの

(2) その他配食サービスを実施する必要があると町長が認める者

(事業の委託)

第4条 町長は、適切な事業運営を確保することができると認める者(以下「受託事業者」という。)に配食サービスを委託する。

(利用の申請)

第5条 配食サービスを利用しようとする者は、甲良町配食サービス事業利用申請書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。

(利用の決定及び通知)

第6条 町長は、前条の規定による申請を受けたときは、速やかに配食サービスの必要性を検討し利用の可否を決定する。

2 町長は、前項の規定により利用の可否を決定したときは、甲良町配食サービス事業利用決定(却下)通知書(様式第2号)により申請をした者に通知するものとする。

3 町長は、第1項の規定により利用を決定した者(以下「利用者」という。)については、甲良町配食サービス事業利用者登録台帳(様式第3号)に登録し、甲良町配食サービスの実施依頼(様式第4号)により受託事業者に通知する。

(登録の取消し等)

第7条 町長は、利用者が次の各号のいずれかに該当するときは、配食サービスの利用を取り消し、又は停止することができる。

(1) 虚偽その他不正行為により利用の決定を受けたとき。

(2) 利用対象者でなくなったとき。

(3) その他町長が配食サービスを実施することが適当でないと認めたとき。

2 町長は、利用を取り消し、又は停止したときは、甲良町配食サービス事業利用取消(停止)決定通知書(様式第5号)により当該利用者に通知するものとする。

(届出義務)

第8条 利用者又はその家族等は、利用者が次の各号のいずれかに該当するときは、速やかに甲良町配食サービス事業利用変更届(様式第6号)により町長に届け出なければならない。

(1) 転居したとき。

(2) 入院又は施設への入所その他の理由により配食サービスを利用する必要がなくなったとき。

(3) 登録内容に変更があったとき。

(費用の負担)

第9条 利用者は、配食サービスに要した費用のうち、食材料費及び調理費相当額として1食当たり200円以上を負担するものとする。

2 町長は、配食サービスに要した費用のうち、配達(安否確認・見守り)分として、前項により利用者が負担した額を除いた額を助成するものとする。1食当たりの助成額は、一律100円とする。

(請求及び支払)

第10条 受託事業者は、月ごとに甲良町配食サービス事業実績報告書(様式第7号)にまとめ、これを甲良町配食サービス事業請求書(様式第8号)に添付し、翌月の10日までに町長に請求するものとする。

2 町長は、前項の請求があったときは、請求のあった日から30日以内に支払うものとする。

(その他)

第11条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成30年4月1日から施行する。

附 則(平成31年訓令第27号)

この要綱は、令和元年5月1日から施行する。

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

甲良町配食サービス事業実施要綱

平成30年4月1日 訓令第7号

(令和元年5月1日施行)