○甲良町スズメバチの巣駆除費補助金交付要綱

平成26年3月27日

訓令第21号

(目的)

第1条 この要綱は、町民へのスズメバチ被害を防ぐことを目的に、スズメバチの巣撤去のため業者に支払った費用に対して、その費用の一部を補填することとし、補助金の交付に関しては、甲良町補助金等交付規則(昭和52年規則第8号。以下「規則」という。)に規定するもののほか、この要綱に定めるところによる。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) スズメバチ 別表に定める膜翅目まくしもくスズメバチ科スズメバチ亜科のスズメバチ(3属16種)をいう。

(2) 巣 蜂が現に出入りし、住みかとしている蜂の巣をいう。

(3) 駆除業者 蜂等の駆除を業とする者をいう。

(補助対象となる巣)

第3条 補助の対象となるスズメバチの巣は、現にスズメバチが活動している巣で甲良町内で営巣しているもの。

(補助対象者)

第4条 甲良町内においてスズメバチが営巣する土地または建物を所有し、管理しまたは借用する者で駆除業者に依頼をして巣の駆除を行った個人(事業者を除く。)とする。ただし、町長が特別の理由があると認めた場合は、この限りでない。

(補助金の額)

第5条 前条の補助対象者が駆除業者に依頼をして行ったスズメバチの巣の駆除の支払額に対して10,000円を限度として町民に補助する。撤去業者への支払額が10,000円以下のときは実支払額とする。ただし駆除を行うために建物の一部を解体する必要が生じた場合の費用およびその復旧に係る費用は除く。

(交付申請)

第6条 補助金の交付を受けようとする者は(以下「申請者」という。)、甲良町スズメバチの巣駆除補助金交付申請書(様式第1号)に、次に掲げる書類を添えて、町長へ提出しなければならない。

(1) 領収書の写し(氏名、駆除年月日、駆除費、駆除業者の印が記載されているもの)

(2) 駆除前後の写真(巣の周り付近と巣)

(3) 位置図

(4) 住民票の写し(記載事項証明でも可)

(5) その他町長が必要と認める書類

2 前項第4号の書類について、町備え付けの公簿により確認できる場合は、その添付を省略できるものとし、この場合は必ず申請者の承諾書を得るものとする。

3 交付対象者1世帯につき、同一年度に1回を限度として交付する。

4 補助金の交付申請の時期は、駆除を実施した日から起算して30日以内とする。

(補助金の交付の決定等)

第7条 町長は、第6条の規定により補助金の交付の申請のあったときは、受理した日の翌月以内に内容を審査の上、補助金の可否を決定し、甲良町スズメバチの巣駆除補助金交付決定・却下通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

2 申請者は申請事案に関する報告および実地調査に応じることを求められた場合は、これに応じなければならない。

(補助金の交付請求)

第8条 前条の規定により補助金の交付決定通知を受けた者は交付決定通知書に記載された日から30日以内に、甲良町スズメバチの巣駆除補助金交付請求書(様式第3号)を町長に提出しなければならない。

(補助金額の交付)

第9条 町長は、前条の規定による請求書が、補助金の交付決定の内容等に適合すると認めるときは、請求日より30日以内に支払うものとする。

(申請および請求の時期)

第10条 第6条の申請、第8条の請求はスズメバチの巣を駆除した日の属する年度内に行うものとする。

(交付決定の取消しおよび補助金の返還)

第11条 町長は補助金の交付を受けた者が、次の各号のいずれかに該当するときは、補助金の交付決定を取り消し、または既に交付した補助金の全部または一部を返還させることができる。

(1) 偽りその他不正な手段により補助金の交付を受けたとき。

(2) この要綱に違反したとき。

2 前項に規定する命令を受けた者は、定められた期限内に返納しなければならない。

(補則)

第12条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

付 則

この要綱は、平成26年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

スズメバチ属

クロスズメバチ属

ホオナガスズメバチ属

オオスズメバチ

キイロスズメバチ

コガタスズメバチ

モンスズメバチ

ヒメスズメバチ

チャイロスズメバチ

ツマグロスズメバチ

クロスズメバチ

シダクロスズメバチ

ツヤクロスズメバチ

キオビクロスズメバチ

ヤドリスズメバチ

キオビホオナガスズメバチ

シロオビホウナガスズメバチ

ニッポンホオナガスズメバチ

ヤドリホオナガスズメバチ

画像

画像

画像

甲良町スズメバチの巣駆除費補助金交付要綱

平成26年3月27日 訓令第21号

(平成26年4月1日施行)