現在の位置

新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方に対する徴収猶予の「特例制度」について

新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方に対する徴収猶予の「特例制度」について

新型コロナウイルス感染症の影響により事業等にかかる収入に相当の減少があり、納期限までに町税の納税が困難な方は、徴収猶予の「特例制度」をご利用いただける場合があります。本制度では、担保の提供は不要で、1年間の猶予期間中は延滞金が免除されます。

対象となる町税

令和2年2月1日から令和3年1月31日までに納期限が到来する町税(住民税・固定資産税・軽自動車税など)が対象となります。(※国民健康保険税は対象外)

対象となる方

下記1、2のいずれも満たす納税者・特別徴収義務者(個人法人の別、規模は問わず)が対象となります。

1. 新型コロナウイルスの影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1ヶ月以上)に 

  おいて、事業等に係る収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少していること。

2. 一時に納付し、または納入を行うことが困難であること。

申請期限

徴収猶予を受けようとする町税の納期限までに申請が必要です。

申請手続き

1.徴収猶予申請書

2.財産収支に係る書類

  (a) 猶予を受けようとする金額が100万円未満の場合

    ⇒財産収支状況書

  (b) 猶予を受けようとする金額が100万円以上の場合

    ⇒財産目録、収支の明細書

3.収入や預貯金の状況が分かる資料(例:給与明細、売上票、通帳の写し等)

  ※提出が難しい場合は口頭によりお伺いします。

  

  申請書類の様式は、下記リンクからダウンロードできます。

徴収猶予申請書(EXCEL:82.6KB)

財産収支状況書(EXCEL:32.4KB)

財産目録・収支の明細書(EXCEL:59.9KB)

備考

・猶予を受けた場合、納税証明書(滞納のないことの証明)及び軽自動車継続検査用納税証明書の発行はできません。

・特別徴収義務者(給与支払者)が特別徴収対象者(従業員)の給与から、住民税を天引き済み・天引き予定で徴収の猶予を受けようとする場合は、必ず特別徴収対象者に説明し、理解を得るようにしてください。特別徴収義務者が徴収の猶予を受け、未納の税金がある間、特別徴収対象者が納税証明書を取得した際に、未納と表記される場合があるなど不利益を被る場合があります。

お問い合わせ先
税務課収納促進係
〒522-0244 滋賀県犬上郡甲良町在士353-1
電話番号0749-38-5064 ファックス0749-38-5072
メールフォームによるお問い合わせ