現在の位置

水道料金、下水道使用料は、どうやって計算されていますか?

答え

水道料金は、「口径別の基本料金」及び「使用された水量による超過料金」により構成され、1ヶ月ごとに検針し、1ヶ月ごとに請求します。

  その際、下水道使用料もあわせて請求します。

 

水道料金等の計算方法

上水道を使用している場合

例:口径20ミリメートルで1ヶ月に40立方メートル(㎥)使用された料金計算

水道料金

 基本料金(10㎥まで) 1,950円

 超過料金 150円×(40㎥-10㎥)=4,500円

  計 6,450円×消費税(8%)=6,960円(10円未満切り捨て)

下水道料金

 基本料金(10㎥まで) 1,200円

 超過料金(30㎥まで) 130円×(30㎥-10㎥)=2,600円

     (50㎥まで) 140円×(40㎥-30㎥)=1,400円

  計 5,200円×消費税(8%)=5,610円(10円未満切り捨て)

 

上水道以外を使用している場合

水道料金:請求しません。

下水道料金

 1人の1ヶ月あたり 8㎥で家族人数により排水量を認定します。

 例:1家族4人の場合  4人×8㎥=32㎥で計算します。

 基本料金(10㎥まで) 1,200円

 超過料金(30㎥まで) 130円×(30㎥-10㎥)=2,600円

     (50㎥まで) 140円×(32㎥-30㎥)=280円

  計 4,080円×消費税(8%)=4,400円(10円未満切り捨て)

 

下水道料金について、汚水マスが2個の場合は、上金額(基本料)に600円×消費税(8%)=640円が加算されます。