現在の位置

建設水道課からと称した業者から訪問販売を受けたが、どうしたら良いですか?

答え

建設水道課からの依頼と称して、悪質な業者が、浄水器の販売、水質調査や水道管洗浄などを口実に、各家庭を訪問するケースがあります。建設水道課では、物品などの訪問販売は一切していませんので、ご注意ください。

 

事例1(上水道)

「建設水道課から依頼されて、水質検査に来ました。」といって各家庭を訪問し、塩素に反応する試薬を使い、水道水に有害な物質が含まれているかのように説明し、高額な浄水器の購入を勧めるという悪質な訪問販売が見受けられます。

 

注釈:水道水には、滅菌用の塩素が適量含まれております。

このため、水道水に特定の試薬を入れると残留塩素と反応し発色しますが、これは、水道水が安全であることを示すものです。

 

事例2(上水道)

「水道管の検査をさせてください」と言って上がりこみ水周りを点検した後、「このままでは水道管が詰まり水の出が悪くなりますので洗滌作業を行いましょう。今なら安くできます。」と言葉巧みに勧誘します。

 

注釈:水道管の洗滌は必要ありません

水道管(給水管)は常に水が流れているため、普段使っている分には詰まることはなく、特に洗滌等の作業は必要ありません。また、建設水道課が洗滌を勧めることはありません。

 

怪しいなと思ったら

悪質な業者は、しばしば建設水道課職員を装い、お客様を信用させようとします。建設水道課職員がお客様の依頼なしに訪問による水質検査や浄水器の販売・斡旋、水道管の検査を行うことはありません。怪しいと思ったら身分証の提示を求めてください。訪問業者の言葉をうのみにせず不審に思ったら建設水道課まで問い合せください。

 

事例3(下水道)

【下水道宅内排水設備の点検、清掃などの強引な点検商法に注意してください。】

最近、「宅内の汚水管の無料点検と言い、強引に清掃を勧められ、高額な料金を請求された」との相談が県内であります。無料点検と聞くと、つい頼んでしまうかもしれませんが、注意が必要です。業者に清掃など依頼する場合は、事前に見積もりを取るなどして十分に価格検討をしてください。なお、このような業務を町が業者に依頼したり、町が各ご家庭を訪問し、排水設備を点検することはありません。