現在の位置

介護が必要な方へのサービス

寝たきりや認知症へのサービス

65歳以上の方は、寝たきりや認知症などで常に介護が必要な状態(要介護状態)になったり、家事や身支度等、日常生活に支援が必要な状態(要支援状態)になった時には、原因を問わずサービスが受けられます。
40歳~64歳までの方は、初老期における認知症や脳血管障害など老化に伴う病気(特定疾病)により介護や支援が必要になった時に限って、サービスが受けられます。

特定疾病の範囲

  1. がん(がん末期)
  2. 関節リウマチ
  3. 筋萎縮性側索硬化症
  4. 後縦靭帯骨化症
  5. 骨折を伴う骨粗鬆症
  6. 初老期における認知症(アルツハイマー病、血管性認知症、レビー小体病等)
  7. 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核性症及びパーキンソン病(パーキンソン病関連疾患)
  8. 脊髄小脳変性症
  9. 脊柱管狭窄症
  10. 早老症(ウェルナー症候群等)
  11. 多系統萎縮症
  12. 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
  13. 脳血管疾患(脳出血、脳梗塞等)
  14. 閉塞性動脈硬化症
  15. 慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎、気管支喘息、びまん性汎細気管支炎)
  16. 両側の膝関節または膝関節の著しい変形を伴う変形性関節症